2007年12月28日

『契約書作成eコース』に『スポーツ選手のマネジメント契約書』のページをアップしました。

★お知らせ★

契約書作成eコース』に、
スポーツ選手のマネジメント契約書』の
ページをアップしました。

■ スポーツ選手のマネジメント契約書 ■

スポーツ選手も有名になると、スポーツイベントにとどまらず、色々な分野のイベントやテレビ・ラジオに出演したり、広告・宣伝のイメージキャラクターに起用されたり...様々な商業活動で利益を上げることが可能になります。

しかし、商業活動に関する様々な契約交渉や管理、売り込み等を、いちいちスポーツ選手自身が手がけていると、本業であるスポーツがおろそかになってしまいます...やはり、このような商業活動の営業・管理については、信頼できるマネジメント会社やエージェントに任せる形がよいでしょう。

マネジメント会社やエージェントは、スポーツ選手の商業活動や広告宣伝、各種イベントへの出演交渉、契約交渉・権利処理などの活動をスポーツ選手から受託し、彼らをマネジメント面で支援します。

マネジメント会社・エージェントとしては、スポーツ選手にマネジメントを独占的に委託してもらい(専属契約)、第三者にはマネジメントを委託しない約束(独占的な契約)で、マネジメント契約を締結することが重要となってきます。

スポーツ選手を支援するマネジメント会社・エージェントの活動内容は、タレント等の芸能人を支援する芸能プロダクションの活動内容と通じるものがありますので、芸能プロダクションがスポーツ選手のマネジメントをすることもあります。

ただし、無名のタレントを芸能プロダクションが育て上げる場合と比較すると、既に有名なスポーツ選手の場合...商業活動から生じる著作権等の権利をマネジメント会社に帰属させることは難しいことが多いでしょう。

対価についても、著作権等の権利が芸能プロダクションに帰属しているタレントをマネジメントする場合は、芸能プロダクションが芸能活動に関する対価の一切をまず受け取り、タレントはその対価の一部を報酬という形で受け取るのに対し...有名スポーツ選手をマネジメントする場合、スポーツ選手が商業活動に関する対価の一切をまず受け取り、マネジメント会社はその対価の一部を委託手数料という形で受け取ることが多いようです。


『契約書作成eコース』で作成可能な契約書例

1.スポーツ選手のマネジメント契約書

マネジメント会社/エージェントが、スポーツ選手(野球選手、テニスプレイヤー、etc.)と 取り交わす契約書です。商業活動の内容や肖像権の取り扱いなどについて取り決めます。


2.広告出演契約書、スポンサーシップ契約書

マネジメント会社/エージェントが、所属するスポーツ選手のために広告主・スポンサーとの間で 取り交わす契約書です。スポーツ選手には、広告主・スポンサーと競合する会社に係る広告出演の禁止や製品の使用禁止などの義務が課されることが多いです。




契約書作成eコース
芸能プロダクションの契約書




posted by 岡田旭 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『契約書作成eコース』に『芸能プロダクションの契約書』のページをアップしました。

★お知らせ★

契約書作成eコース』に、
芸能プロダクションの契約書』の
ページをアップしました。

■ 芸能プロダクションの契約書 ■
〜タレント、歌手、アイドル、モデル、アーティスト etc.のマネジメント契約書〜ライブ出演契約書、コンサート出演契約書、イベント出演契約書〜


芸能プロダクションは、タレント事務所、芸能事務所などの総称です。芸能人(タレント、歌手、アイドル、モデル、アーティスト etc.)が、自らの力のみで芸能活動を展開しても、やはり限りがあります。多くの人達に観てもらうためには、芸能プロダクションの支援が不可欠です。

芸能プロダクションは、芸能人の営業活動や広告宣伝・マーケティング、ライブ・コンサートや各種イベントへの出演交渉、契約交渉・権利処理などの活動を芸能人から受託し、彼らをマネジメント面で支援します。

芸能プロダクションとしては、芸能人にマネジメントを独占的に委託してもらい(専属契約)、第三者にはマネジメントを委託しない約束(独占的な契約)で、芸能人とマネジメント契約を締結することが重要となってきます。

例えば、歌手やアイドルがライブ・コンサート・イベントに出演する場合、芸能プロダクションは所属する芸能人のためにイベント会社・プロモーターとの間で出演契約を取り交わします。この際、ライブ映像DVD販売など著作物の二次利用があるのかどうか等、考慮すべき様々なポイントが出てきます。

『契約書作成eコース』で作成可能な契約書例

1.芸能人のマネジメント契約書

芸能プロダクションが、芸能人(タレント、歌手、アイドル、モデル、アーティスト etc.)と締結する契約書です。専属性・独占性を有する契約内容であることが多いです。タレントの芸名や肖像権などの取り扱いについても取り決めます。


2.ライブ出演契約書、コンサート出演契約書、イベント出演契約書

 芸能プロダクションが、所属する芸能人のためにイベント会社・プロモーターとの間で締結する出演契約です。プロモーターガ行うべき業務には、イベント会場の確保やセッティング・警備、楽器や宿泊先の手配、チケットの発券などがあります。



契約書作成eコース
芸能プロダクションの契約書




posted by 岡田旭 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

経済産業省が複数議決権株式の上場解禁を提言

複数議決株の上場解禁を・経産省、安定経営促進へ提言
日経ネット経済ニュース:2007年12月9日(金)の記事を検索して下さい)

「複数議決権株式」とは、1株で複数の議決権を行使できる株式のこと。ただし...現在のところ、株式を上場している会社は「複数議決権株式」を発行することができません。

「複数議決権株式」をはじめ様々な種類株式の活用は、未だ一般的には知られていないようですが、経営安定や事業承継に役立つ強力なツールになり得ます。

(私も勉強を続けますーあせあせ(飛び散る汗)


posted by 岡田旭 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 【法律,新着情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

【ご紹介】起業支援ネットワーク 「NICe(ナイス)」

起業支援ネットワーク 「NICe(ナイス)」

経済産業省が平成19年より実施する「起業支援ネットワーク環境整備事業」を、財団法人ベンチャーエンタープライズセンターが受託し運営する事業。

→起業家、起業支援者を対象としたSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)となっています。

→起業家の皆様のエントリーは来年から、とのこと。

→起業支援者のエントリーは始まっています。
(兵庫県エリアでは、いの一番に登録させて頂きました☆)

起業支援ネットワークNICeチーフプロデューサー:増田紀彦さんからのメッセージはこちらです。是非ごらんになって下さい。


posted by 岡田旭 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ご紹介】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

『事業承継税制』2008年10月導入の方向

事業承継税制、08年10月導入へ・自民税調
日経ネット経済ニュース:2007年12月7日(金)の記事を検索して下さい)

『事業承継税制』が来年10月に導入される方向とのこと。

この税制が導入されれば、一定の要件を満たした企業については、後継者の相続税額が現在の「1割軽減」から「8割軽減」になります。


↓関連リンク↓

自民党:中小企業の事業承継円滑化に向けた提言(中間取りまとめ)

中小企業庁:事業承継ガイドライン 20問20答



posted by 岡田旭 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【法律,新着情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)