2015年11月25日

契約書ひながた「ケータリング・仕出し業務提携契約書」の販売を開始しました。


9a33d7dcea0512372ac809712c06e66e_s.jpg


契約書ひながた「ケータリング・仕出し業務提携契約書

★本契約書は、施設にケータリング・仕出しで顧客に料理を提供する際の、施設運営者とケータリング・仕出し業者との業務提携に関する契約書です。

(施設の例:会議場、イベント会場、シェアオフィス、コワーキングスペース)

★「ケータリング・仕出し業務」は、場合に応じて「ケータリング業務」「仕出し業務」のいずれか一方に修正して下さい。

★末尾に「個別契約書」のサンプルもつけています。

★「業務提携」とは、複数の企業が業務上の協力関係(コラボレーション)を構築することです。(ビジネスに関する契約は、広い意味では、多くが「業務提携」に含まれることになります。)

★業務提携の事例としては、資材や食材の調達、物流、販売促進、技術開発、製品開発などがあります。その内容は、契約により明確にすることが図られます。
なお、同時に資本協力が行われたり、組合を組成したり、会社を設立したりする場合もあります。

※ご参考(当事務所HP)
業務提携契約書: http://keiyaku.info/gouben01.html
飲食店業、外食産業の契約書: http://keiyaku.info/inshoku01.html
posted by 岡田旭 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

ファッションビジネス、アパレル産業の契約法務 全国対応



「ファッション × 契約書」「アパレル × 契約書」などで検索して下さい→
http://keiyaku.info/fashion01.html

tsune01.jpg


★昨日、神戸のファッションアイテム卸会社様から「総代理店契約書」の契約審査・修正のご依頼を頂きました。

★本日の午後は、大阪南船場にて、新規お客様(アパレルブランド)と、複数の取引先との契約(OEM契約など)についての面談です。

ありがとうございます。

※写真は 「tsune ni idm」つねにいどむ のアイテム。クラウドファンディングで購入したものが、先ほど届きました。
http://tsune-ni-idm.com/

+++++++++++++
【メディア・アート・音楽・クリエイティブの総合支援スタジオオフィス】
★神戸北野の音楽スタジオ/共用スペース ‪#‎Cross213‬
http://www.cross213.com/
★M.B.A.行政書士 岡田旭事務所 / ‪#‎オカダオフィス‬
兵庫県行政書士会 神戸支部 理事
http://web-box.jp/okadaoffice/
posted by 岡田旭 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

音楽の制作委託(作詞・作曲・編曲の依頼)に関する契約書


先ほど、クライアントから音楽制作を受託するための、「音楽の制作委託契約書」原案を作成、お客様にお送りしました。

芸能プロダクション,タレント,モデル,ミュージシャンの契約書

音楽・楽曲の制作委託契約書(契約書ひながた)

cross213_01.jpg


ミュージシャンが自分のために制作した作品とは異なり、他人のために制作した作品については、その権利処理などで、異なる点が出てきます。

考えられる、ありそうなケース(パターン)は次のとおりです。

−−−−−−
★クライアントに対し、制作した音楽の著作権を「ある一定の地域・期間において」譲渡する。

★著作権の譲渡にあたっては、JASRAC等に著作権を信託し、別途「音楽著作権契約書」にて、譲渡の内容を決めることを条件とする。

★クライアントから受け取る音楽制作の対価は、以下の二通り。
・クライアントの要望にそって音楽を新規に創作したことに係る対価。
・創作した音楽の著作権譲渡に係る対価。

★創作した音楽の著作権譲渡に係る対価は、以下の二通りで算出。
・JASRACの「使用料規程」を準用。
・JASRACに著作権を信託したときは、JASRACと締結した著作権契約書に定めるところに従う。
−−−−−−

★音楽を創作したミュージシャン(または第三者)による「実演」を収録する「原盤」を制作する場合は、実演や原盤に関する契約書を別途締結することになる。(実演家契約書、原盤制作請負契約書、共同原盤契約書、原盤供給契約書、原盤譲渡契約書など。)

★音楽を創作したミュージシャンが、他人のために作詞作曲した作品を実演することについても、その都度、別途協議のうえ決めたほうがよい。
−−−−−−

★納品形態については、詩のテキスト及び楽譜の印刷物(または電子データ)までなのか、デモ演奏の録音物(または電子データ)も必要なのか等、細かいことを規定しておく必要がある。

+++++++++++++
〜音楽の契約業務は専門知識を要し、かつ様々なケースに対応する必要があります〜

【メディア・アート・音楽・クリエイティブの総合支援スタジオオフィス】
M.B.A.行政書士 岡田旭事務所 / #‎オカダオフィス
posted by 岡田旭 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)