2017年12月21日

年末年始も営業しています(2017〜2018)

2017年も、残すところ10日を切りました。
当事務所は、年末年始も営業しています。全国、世界中から仕事をおうけしております! #オカダオフィス

顔写真PRISMA_IMG_1049のコピー.jpg


++++++++++++
【ビジネス契約法務、会社設立、業務提携プロデュース】
【メディア・アート・音楽・クリエイティブの総合支援オフィス】
   
M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所 / #オカダオフィス
#契約書作成eコース
http://keiyaku.info/
【インターネットラジオ局運営、Web構築・アプリ開発】
#RadiCro
http://radicro.com/
posted by 岡田旭 at 05:48| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

New!「契約書作成eコース」に遺品整理業のページを追加しました


68739312c4bedc5674858d3f9e3d9abf_s.jpg


遺品整理業のビジネス契約書作成、契約法務 全国対応

 
【遺品整理業の運営】
★高齢化・核家族化など様々な事由で遺品整理業の需要が増加し、様々な業界からの参入がみられます。ただし遺品整理業は、専門分野を有する事業者のコラボレーション(業務提携)が必要となる事業であることを知っておく必要があります。
 
→遺品整理に関連する専門的な業種として、以下のような業種が挙げられます。
 
・一般廃棄物収集運搬業(遺品の収集・運搬。)
・古物商(遺品の鑑定・査定・買取り・リサイクル・転売。)
・清掃業(故人住居の清掃・クリーニング、消臭・消毒、特殊清掃。)
・リフォーム業(故人住居のリフォーム。)
・神社(遺品のお焚き上げ。) etc.
 
→遺品整理に関わる業種は多く、単一の遺品整理業者がそれらすべてを自前でカバーすることは難しいでしょう。遺品整理業者は、外部の事業者と業務提携し、コーディネーターとして動くことが必要となります。
 
★依頼主(ご遺族等)に対しては、思いやりと親切を第一にしつつ、リスク・トラブルを避けるため、ケースに応じた内容の契約書・規約類を用意しておくことが必要となります。
 
→遺品整理の依頼主との間で発生するリスク・トラブルの例として、以下の事項が挙げられます。
 
・依頼主が正当な権限を有していない(遺品を整理する権限を有していない)
・他人の所有物を誤って処分・転売(リサイクル)してしまう
・依頼主に渡すべき遺品の取扱いを誤り、破壊・紛失・処分してしまう
・依頼主から悪徳業者の疑いをかけられてしまう
 
当事務所は、こうした遺品整理業界が必要とする契約書・規約類を作成いたします。 また、契約書作成を通じ、取引の設計・業務提携等に関するコンサルティング・アドバイスを行います。
 
【M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所】
#契約書作成eコース #ビジネス #契約法務 #契約書 #契約書作成 #業務提携 #プロデュース
#会社設立 #法人設立 #総合支援オフィス
#経営コンサルタント #行政書士 #オカダオフィス
#全国対応
posted by 岡田旭 at 07:39| Comment(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)