2018年11月27日

【書籍】改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務

改正民法の施行は、2020年4月1日

一方で、収益認識基準が強制適用されるのは、2021年4月1日以降に開始する事業年度。そして、収益認識基準においては、契約書の内容を考慮に入れて収益認識を行うことが明らかにされている。

ということは、改正民法のみではなく、収益認識基準を配慮した契約書の修正をしたほうがよい!?

この本は、改正民法と新収益認識基準の双方に基づく契約書の作成・見直しの実務を書いたものとしてはおそらく初めてのもの。

というわけで、泣きながら購入。

IMG_3482.JPG

改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務
出版社: 日本法令 (2018/11/20)
著者・編者  横張清威 伊勢田篤史 和田雄太 共著

posted by 岡田旭 at 17:00| Comment(0) | 【情報源】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

企業主導型保育事業の利用契約書(共同利用に関する契約書)


企業主導型保育事業において、複数の企業の従業員が施設を利用する際に必要となる
共同利用に関する契約書(利用契約書)のひながたをリリースしています。

企業主導型保育事業 共同利用に関する契約書

beee3533632dda4488dcefe4af4f3843.jpg


→契約企業は、子ども・子育て拠出金を負担している事業主(厚生年金の適用事業所等)である必要があります。

→利用契約の形式は問われていませんが、利用する企業の利用定員数及び費用負担を明確にする必要があります。

→「地域枠」は、従業員(利用契約を行っている企業の従業員を含む)の子ども以外の子どもを受け入れることができる定員枠です。

→なお、従業員枠・地域枠ともに、保護者のいずれもが就労要件等を満たすことが必要です。


企業主導型保育事業とは

企業主導型保育事業は、平成28年度に内閣府が開始した企業向けの助成制度です。

企業が従業員の働き方に応じた柔軟な保育サービスを提供するために設置する保育施設や、地域の企業が共同で設置・利用する保育施設に対し、施設の整備費及び運営費の助成を行います。


【ご参考】
内閣府HP:企業主導型保育事業等

上記HPは、「企業主導型保育事業」及び「企業主導型ベビーシッター利用者支援事業」の、内閣府によるリンク集となっています。

この中で、以下のページが新しく加わっています。

企業主導型保育事業 立ち上げ事例のご紹介

→企業主導型保育事業に関する「立ち上げガイド」、「先行事例の紹介と取組のポイント」が掲載されています。
(先行事例においては、共同利用企業の集め方も紹介。)

紹介されている企業(業種)は、現在、以下のとおり。

1. 株式会社東急百貨店(小売)
2. 杉並交通株式会社(運輸)
3. 学校法人井之頭学園(教育・学習支援)
4. 株式会社ジェイアールシステム・エンジニアリング(情報処理サービス)
5. 社会福祉法人慶成会(福祉)
6. 株式会社ビティー(建設)
7. 株式会社ニチイ学館(福祉・保育)
8. 株式会社CREATIVE LAB(美容)
9. 株式会社伊予銀行(金融)
10. 新日鐵住金株式会社(製造)
11. 医療法人社団水光会(医療)
12. タイム・アロー八重山株式会社(宿泊)

この12企業のうち、利用形式が「単独利用」なのは、10.新日鐵住金株式会社 のみであり、その他はすべて「共同利用」となっています。
共同で利用するメリットが選ばれている感じですね。
いっぽう、設置形式はすべて「単独設置」となっており、「共同設置」の形式は選ばれていません。

-------

当事務所HP:業務提携契約書、共同事業契約書、合弁契約書の作成


契約書作成eコース
posted by 岡田旭 at 16:44| Comment(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

定款認証に「実質的支配者申告制度」が導入(2018年11月30日より)


定款認証(公証人保倉裕先生のHP:ほくらOffice

2018年11月30日以降、定款認証に実務上重要な改正があるらしい。広く周知する必要あり。
→"定款認証嘱託の際、設立する会社、一般法人の実質的支配者・その者が暴力団員等か否かの申告が必要になります”とのこと。

---
「実質的支配者」とは、
法人の事業経営を実質的に支配する事が可能な関係にある者(自然人)をいう。

---
なお、既に金融機関では、法人顧客に対しては「自然人にまで遡った実質的支配者の確認」が行われている。
新規法人の銀行口座開設時手続きについては、「法人設立手続オンライン・ワンストップ化検討会」でも検討されている。

→参考:法人設立手続の オンライン・ワンストップ化に向けて(平成30年5月 法人設立オンライン・ワンストップ化検討会)
posted by 岡田旭 at 08:36| Comment(0) | 【会社設立手続き】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

【金沢面談会のお知らせ】2018年11月17日に開催します。

【金沢面談会のお知らせ】

M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(契約書作成、業務提携プロデュース) 代表、岡田旭が開催する金沢での面談会。

★以下のスケジュールで開催します。
2018年11月17日(土)金沢市内にて

★ご予約は、以下のフォームから!
ご相談フォーム

お顔合わせ、お取引開始のご検討、個別案件のご相談など。
具体的な案件の有無に係わらず、お会い頂ければ幸いです。ご予約を頂ければ幸いです!

★主なご相談内容は、以下のとおりです。
ビジネス取引、契約書作成、業務提携プロデュース
法人設立(株式会社・合同会社・一般社団法人)
インターネットラジオ RadiCro からの番組配信

ご連絡をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

顔写真PRISMA_IMG_1049のコピー.jpg



++++++++++++
様々な商取引の設計・デザイン、契約書作成。業務提携プロデュース。
ビジネス・IT・アート・デザイン・クリエイティブ・エンターテインメントの総合支援。
経営コンサルタント M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所 / #オカダオフィス

契約書作成eコース
 
★インターネットラジオ放送 RadiCro・Web構築・アプリ開発
posted by 岡田旭 at 12:42| Comment(0) | 【相談会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)