2016年12月14日

New! 薬局業界に関するページを「契約書作成eコース」に追加


1fb736ab52d5e8b2d1e5d8d296ed858b_s.jpg


薬局業界のビジネス契約書作成、契約法務 全国対応

【薬局の営業】
薬局とは、薬剤師が販売又は授与の目的で調剤を行う場所(医薬品の販売業を併せ行う場合には、その販売業に必要な場所を含む。)です。医薬品医療機器等法(旧薬事法)に基づき許可を受けた者でなければ、営業することができません。

薬局の開設者(薬局開設の許可を得る者)は薬剤師である必要はなく、個人でも法人でもなれます。ただし開設者が薬剤師でない場合は、勤務する薬剤師の中から管理薬剤師を指定して管理させる必要があります。

薬局には、その営業形態により「保険薬局」「基準薬局」「ドラッグストア」「調剤併設型ドラッグストア」などの種類があります。

【薬局業界をとりまく環境】
薬価が決められており安売り競争がないため、規模の経済が働きにくい業界です。調剤薬局の数はコンビニエンスストアをも上回りますが、現状、その7割方が中小・個人薬局です。

しかし、ドラッグストアやコンビニエンスストアなどの大手進出で薬剤師不足が深刻になっています。また、国の医療費削減政策もあり、体力がなく後継者もいない中小・個人薬局の将来は厳しくなりつつあります。

このような背景もあり、薬局に係る事業譲渡、店舗の売買・営業譲渡、株式譲渡、店舗経営委託、フランチャイズをはじめとする様々なチェーンシステム化、M&Aも活発に行われているようです。

当事務所は、こうした薬局業界が必要とする契約書を作成いたします。
また、契約書作成を通じ、取引の設計・業務提携等に関するコンサルティング・アドバイスを行います。


契約書作成eコース
M.B.A.行政書士 岡田旭事務所 / ‎オカダオフィス
posted by 岡田旭 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)