2017年05月18日

New! インバウンド医療ツーリズムに関する契約書ひながた「業務提携契約書(国際医療コーディネーターと医療機関の提携)」をリリースしました。



m015-370.jpg


業務提携契約書(国際医療コーディネーターと医療機関の提携)+個別契約書サンプル

インバウンド:医療ツーリズム(メディカルツーリズム)における「医療機関」と「国際医療コーディネーター」
本業務提携契約は、外国人患者を受け入れる「甲(医療機関)」と「国際医療コーディネートサービスを提供する「乙(医療コーディネート機関)」が業務提携し、外国人患者に医療サービスを提供することを目的としています。

医療機関・医療コーディネーター向け参考情報(経済産業省)
以下の経済産業省HPに、医療機関・医療コーディネーター向け参考情報が掲載されています。

ご参考:ヘルスケア産業>インバウンド情報(経済産業省HP)

医療滞在ビザにおける「身元保証機関」
外国人患者等及び同伴者が「医療滞在ビザ」の申請を行うに際しては、日本の国際医療コーディネーターもしくは旅行会社等の身元保証を受ける必要があります。
日本の「国際医療コーディネーター」もしくは旅行会社等は、身元保証をするにあたって、「身元保証機関」として登録されている必要があります。

ご参考:医療滞在査証身元保証機関登録(経済産業省HP)

→「身元保証機関」としての登録を申請する際、「外国人患者等の国内医療機関への受入業務に係る提携を示す提携契約書等の写し」の提出が求められます。
→本契約書は、これに該当するものです。

★末尾に「個別契約書」のサンプルもつけています。

★当事務所参考HP
契約書作成eコース:業務提携契約書

契約書作成 eコース
M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所 / オカダオフィス
posted by 岡田旭 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450006256

この記事へのトラックバック
大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)