2017年06月20日

New! 契約書ひながた「コワーキングスペース経営委託契約書」をリリースしました。


MIYAKO85_miyakodenomado20140725_TP_V.jpg


コワーキングスペース経営委託契約書


※コワーキングスペースの経営委託契約、とくに『経営管理』の内容のひながたです。
※コワーキングスペースの運営を第三者に任せる場合に。転貸の問題も考慮しています。

例1:カフェ、書店、オフィス等の物件において、遊休区画または空き時間帯を使って、第三者にコワーキングスペースを経営してもらう。
例2:既存のコワーキングスペース経営者が、第三者にその経営を委託する。

★コワーキングスペースの利用者(エンドユーザー)を対象とした利用規約のひながたも用意しています。セットで使用して頂ければ幸いです。
コワーキングスペース利用規約

【運営委託】
家主がコワーキング・オペレーター(運営業者)に手数料を支払って運営を委託するモデルです。
その結果、家賃のリスクはコワーキング・オペレーターから家主に移ります。
ホテルチェーンによく似た事業モデルであり、サンフランシスコのコワーキング運営会社ロケットスペースが、このモデルを採用しています。
 
飲食店の遊休スペースをコワーキングスペースにするサービスとしては、NYの「Spacious」やトロントの「RNDMWRK」があります。

★ご参考(当事務所HP)
シェアオフィス、コワーキングスペースの契約書、利用規約
経営委任契約書、店舗経営委託契約書、営業委託契約書


【経営管理契約】
本契約書は、「経営管理契約」となるように、作成しています。
営業活動/事業活動の名義は委託者であり、かつ、営業損益の帰属も委託者となります。

★注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。

★追加料金を支払うことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。

++++++++++++
【ビジネス契約法務、会社設立、業務提携プロデュース】
【メディア・アート・音楽・クリエイティブの総合支援オフィス】
 
★M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所 / #オカダオフィス
契約書作成eコース
posted by 岡田旭 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 【契約書作成】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)