2018年12月04日

【書籍(雑誌)】美術手帖2018年12月号 特集 アート×ブロックチェーン


美術手帖2018年12月号

IMG_3508.JPG

『契約の未来』
法改正もそうだけど、もっと大きな変化は
電子契約/ブロックチェーンによる取引/スマートコントラクトへの移行で、10年もすればそれが普通になるような気がする。
私らの仕事も、今は「取引の設計図を紙の契約書面に落とし込む」形がメインだけど、いずれ、ブロックチェーン上の取引/スマートコントラクトに落とし込むことが要請される気がします。

『アートビジネスの未来』
それで、アートビジネスはどうなるかというと、
いずれアーティストは作品を制作したらブロックチェーン上で証明書を発行して、作品の来歴(売買契約その他の情報)を記録していくことが普通になんでしょう。
そうすれば、ビジネスの仕組み自体も変わってきます。

posted by 岡田旭 at 12:42| Comment(0) | 【情報源】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)