2018年11月27日

【書籍】改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務

改正民法の施行は、2020年4月1日

一方で、収益認識基準が強制適用されるのは、2021年4月1日以降に開始する事業年度。そして、収益認識基準においては、契約書の内容を考慮に入れて収益認識を行うことが明らかにされている。

ということは、改正民法のみではなく、収益認識基準を配慮した契約書の修正をしたほうがよい!?

この本は、改正民法と新収益認識基準の双方に基づく契約書の作成・見直しの実務を書いたものとしてはおそらく初めてのもの。

というわけで、泣きながら購入。

IMG_3482.JPG

改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務
出版社: 日本法令 (2018/11/20)
著者・編者  横張清威 伊勢田篤史 和田雄太 共著

posted by 岡田旭 at 17:00| Comment(0) | 【情報源】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

大阪、神戸の会社設立は会社設立eコースをご利用下さい!
株式会社設立eコース
合同会社設立eコース
電子定款認証


契約書作成eコース
著作権サポート
電子クーリングオフ

by M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所(神戸)